2万件の事件

0
    ある所で、ビートたけし。さんが書いたという文章を見つけて、
    とても共感して、深く考えさせられました。

    以下の文です。(中略・後略あり。)




    なによりまず、今回の震災で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
    こんな大惨事になるとは思ってもみなかった。


    常々オイラは考えてるんだけど、
    こういう大変な時に一番大事なのは「想像力」じゃないかって思う。


    今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。
    テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。
    だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、
    被害者のことをまったく理解できないんだよ。


    じゃあ、8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べたらマシだったのか、
    そんな風に数字でしか考えられなくなっちまう。
    それは死者への冒瀆だよ。


    人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。
    そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。


    本来「悲しみ」っていうのはすごく個人的なものだからね。
    被災地のインタビューを見たって、
    みんな最初に口をついて出てくるのは「妻が」「子供が」だろ。


    一個人にとっては、他人が何万人も死ぬことよりも、
    自分の子供や身内が一人死ぬことの方がずっと辛いし、深い傷になる。
    残酷な言い方をすれば、自分の大事な人が生きていれば、
    10万人死んでも100万人死んでもいいと思ってしまうのが人間なんだよ。


    そう考えれば、震災被害の本当の「重み」がわかると思う。
    2万通りの死に、それぞれ身を引き裂かれる思いを感じている人たちがいて、
    その悲しみに今も耐えてるんだから。


    だから、日本中が重苦しい雰囲気になってしまうのも仕方がないよな。
    その地震の揺れの大きさと被害も相まって、
    日本の多くの人たちが現在進行形で身の危険を感じているわけでね。
    その悲しみと恐怖の「実感」が全国を覆っているんだからさ。


    逆にいえば、それは普段日本人が
    いかに「死」を見て見ぬふりしてきたかという証拠だよ。
    海の向こうで内戦やテロが起こってどんなに人が死んだって、
    国内で毎年3万人の自殺者が出ていたって、
    ほとんどの人は深く考えもしないし、悲しまなかった。
    「当事者」になって死と恐怖を実感して初めて、心からその重さがわかるんだよ。



    それにしても、今回の地震はショックだったね。
    こんな不安感の中で、普段通り生きるのは大変なことだよ。
    原発もどうなるかわからないし、政府も何考えてるんだかって体たらくだしさ。
    政治家や官僚たちにいいたいことは山ほどあるけど、それは次回に置いとくよ。
    まァとにかく、こんな状況の中で、平常心でいるのは難しい。
    これを読んでる人たちの中にも、
    なかなか日頃の仕事が手につかないって人は多いと思うぜ。


    それでも、オイラたちは毎日やるべきことを淡々とこなすしかないんだよ。
    もう、それしかない。

    miwako * 思うこと * 12:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    日々思うこと2

    0
      人は常日頃、簡単に不平不満を持ってしまうものだと思います。
      私も下手したら、年中色々なことに対して文句ばかり言っている質です(笑)

      でもある時ふと気付きました。
      私が文句を言っている時って、たいがい自分が頑張れてない時で、
      そういう自分を振り返れなくて、
      自分を見つめられない時に限って、
      外に向けて反発的になり、他人や物のせいにしてしまっていました。

      この姿勢では何も向上できないと気付き、
      私生活でもピアノでも、とにかく自分が最大限に努力してみて、
      それでも不満があったら、文句を言おうと思い直したら、
      おもしろいことに、不満がすごく少なくなりました。
      そして気持ちがすごく楽になりました。

      日々生活していたら、自分の努力とは関係なく、
      理不尽な怒りが沸々と込み上げてくるときはあります。
      でも、その他のたいがいの外に向けての不満は、
      本当は自分自身の内に対する憤りなんではないかと思います。

      だから、私は、物事に対して、
      最大限自分でやれるだけのことをやってから、自分を振り返り、
      それでも不満があったらどしどし言っていこうと思います(笑)

      文句を言う前に、一度自分を見つめ直せ!の精神でいきたいと思います。

      miwako * 思うこと * 13:32 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

      日々思うこと

      0
        最近レッスンで感じるのですが、
        数年かけて、コツコツ教えてきて、本人もコツコツ地道に努力してきた生徒が、
        確かな実力をつけ始めています。
        基礎が身についてきました。
        基礎があったら怖いものなし!何でもできる!というくらい、本当に大事なものです。


        前はできなかったことが、すんなりできるようになったり、
        精神的にも強くなりましたし、
        前は聞いても黙っていたのに、ちゃんと自分なりの考えを言えるようになったり、
        何より以前より楽しそうにピアノを弾くんです。

        でもそれって一朝一夕でできるものではなく、
        長年の地道な努力でしか、得られないものです。

        日々の小さすぎて見えずらい変化が、
        やがて大きな成長に結びついていくのだと思います。
        その小さな変化もできるだけ見逃さないように、これからも見守っていきたいと思います。
        miwako * 思うこと * 12:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        学習すること

        0
          お母さんは勉強を教えないで (新潮文庫)
          お母さんは勉強を教えないで (新潮文庫)
          見尾 三保子


          先日読んだ上記の本。とても納得・共感しました!!

          例えば、数学の問題の解き方ばかり教える有名塾に疑問を持ち、
          「なぜそうなるのか」という考え方を教えるべきで
          自分でひらめくことの大切さが書かれています。

          問題をこなして解き方ばかり教わったって、違う問題が出てきたら対処できない。
          「このグラフは何を表わしているのか、なぜそうなるのか」という
          いわば基礎をしっかり教えてもらえれば、
          応用問題も、自分でじっくり考えて解けるはずです。

          そして、自分でひらめいた時の感動!
          これこそ、子供のやる気につながると私も思います。

          何事もそうですが、
          中身がないのに、変に競争心ばっかりあおって
          やる気を出させようとしても無意味だと思います・・・。


          学習の仕方はピアノもおんなじ。
          いつも先生がいないと弾けないということにならないように、
          しっかり基礎力をつけ、先生とお別れした後でも
          大人になってからも、弾きたい曲が出てきた時に、
          自分で楽譜を見て考え、
          自分のイメージ通りの演奏ができるようになってほしいです。
          そして、いつまでもピアノを楽しんでほしいです。

          私のウィーンの恩師は、前にも書きましたが、
          「私が日本に帰っても、教えてない曲でも自分で考えて演奏ができるように」
          と言って、たくさんの基礎の大切なことを教えてくださいました。
          そして、今、前よりも自分で音楽を作ることができるようになって、
          演奏するのが、とっても楽しくなりました。

          子供にとっても、自分で出来るようになった時の満足感を味わうことが
          一番嬉しいことなのではないかと思います。
          miwako * 思うこと * 13:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          わが地元

          0
            うちの地元は、誰もが認める田舎である(笑)
            観光地にもなっているし、いいところがいっぱいあって、
            大人になってから、良さが分かって地元が好きになった。

            人も穏やかで柔らかいと思う。

            ただ、保守的・閉鎖的な面もあることはいなめない。
            盆地である土地柄も影響しているとは思うのだが、
            よそから入ってきた物事や珍しい物を、受け入れなかったり、
            外の世界を見ようとしないことがある。

            何かにつけ地元だけを見て、その中の情報だけで判断して、
            いかにもそれが正しいかのように、あれこれ言う場合がある。

            外はとてつもなく広く、こことは違うこともたくさんあるというのに。

            子供たちには、井の中の蛙にはなってほしくない。
            のんびりしすぎないでほしい。
            子供に教える身として、この地の教育の発展を願っている。
            地元から飛び出すことがあった時に、
            広い世界を知り、多角的に物事を考えられるようになってほしい。

            そうしたら、また地元を客観的に見られて、
            一層好きになることができるかもしれないと思っている。
            miwako * 思うこと * 21:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            伴奏について

            0
              私の仕事はピアノに関することですが、
              生徒のレッスンと、伴奏やアンサンブルをする演奏もあります。

              生徒のレッスンをするのは、いつでも大好きなのですがおはな

              人と一緒にする演奏は・・、それなりに色々ありますねぇ。

              もちろん、アンサンブルや伴奏は大好きで、正直ソロよりも好きです。
              相手の音楽に合わせて、そこに私の音楽を混ぜて、一つの新しい音楽を作っていく。

              趣味でやってる方々も、自分の音を聴き、音楽の流れを感じてたら、
              私も合わせやすくて楽しいのだけど、
              中には、自分の音すら聴けてないし、
              ましてや伴奏の音を聴いていない方がいらっしゃいます。
              そんな方に、どうやって合わせろというんでしょうか。
              一緒に音楽をやっていて、お互いの音楽が平行線になっていることほど
              つらいことはありません。

              人間関係と全く同じです。気持ちが通じてないのと同じ。

              趣味の方でも仕事として活動されてる方でも、技術は関係なく、
              良い音楽をする人はたくさんいて、私も一緒にやると楽しいです。

              やっぱり音楽を通して、気持ちが通じ合えないとねよつばのクローバー
              一番大事なことだと、再認識しました。

              先日した、ヴァイオリンの友達との合わせ練習は、お互い初見状態でしたが、
              とっても楽しかったです!!
              そういう音楽ができると体が浄化され、健康になる感じがします(笑)
              miwako * 思うこと * 12:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              あかんわ〜

              0
                どうも私、やっぱり車に乗ると感情の起伏が激しくなるみたいで・・

                だいたい穏やかにゆっくりめで運転していますが(?)、
                周りの車に怒って暴走しだしたりします。
                いけませんねノーノー

                この前も、近所の三叉路で、私が左折しようとしているのに、
                向かいからの右折車が、目の前にものすごい割り込みをしてきたので、
                そのまま進んだろか思ったが、
                やはり危ないので一回ブレーキを踏んだら、
                そのすきに、右折車に先に行かれた。かなり強引だった。
                そのままイライラして、教室に到着。

                そんなことどうでもいいはずなんですけど、
                見ず知らずのおっさん(正・おじさま)に怒って対抗しても仕方ないんですけど、
                譲った方が身のためなんですけど、
                どうも、そこの三叉路で割り込みされると怒りマークっとなってしまう。
                (そういえば、他の交差点とかで同じことをされても何も思わないのに、
                そこだけなんでなんでしょう。鬼門かも。)

                子供の時から、勉強やピアノでの競争とかにはあまり興味がないし
                自分が上位になれないと分かると、
                立ち向かう前に退いて、やる気を失うタイプなのに、

                なんで車の時だけ闘争心まるだし!?

                勉強やピアノなどの競争は、人と競わなくても、
                自分自身に勝てば、いい結果を残せると思っているので、

                車の場合は、すぐ怒る自分に勝って、
                冷静でいられるように自分と戦わないといけませんね。
                はぁ、むずかしいなぁ。
                miwako * 思うこと * 07:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                もう3年・・

                0
                  3年前の今日、私は日本に完全帰国しました。
                  もう3年も経ってしまった。

                  早い早い、あっという間でした。
                  その間、良いこともそうでないことも、本当に色々なことがあったのに、
                  それらもすべて自然な流れとして捉えている私がいます。

                  帰国当初、これからどうしようかと不安でしょうがなくて途方に暮れていた頃は、
                  今こうして可愛い生徒たちに囲まれ、周りの方々や友人にも恵まれ、
                  音楽に忙しく携われていられるなんて、想像もしていませんでした。

                  音楽に関して学んで帰ってきたことは、
                  椅子に座った時の姿勢や、
                  基本的なテクニック(指だけでなく、特に脱力や腕の使い方)が
                  そのまま音色につながるので、もっともっと重視することと、
                  楽譜を見て、自分で考え、自ら感じ音楽を作ることの重要性。
                  しかもそれは、ただ感情的にここはこうしたいということよりも、
                  理論的に考えた上で、しっかりとした音楽の骨組みを作り、
                  そこに自分の感覚をのせていくというような作業。

                  楽譜に書いてあることをただその通りやってみただけとか、
                  感情や勢いやノリだけの演奏は、すぐに崩れて壊れてしまうと感じます。
                  自分で作ったゆるぎない理論が存在するからこそ、
                  音楽を見失わずにすむと思います。

                  ピアノに限らず、学校の勉強だって何でも同じ。
                  塾に行っていようが、行っていまいが、
                  最後に笑うのは、自分で考える力を持つ子です。
                  何でも教えてもらうことを鵜呑みにするだけではダメです。
                  時にはそれに疑問を持ち、納得するまで追及していくということをしないと。
                  教えてもらっているからと安心してはいけません。
                  すべては、自分で噛み砕くこと。

                  そんなことを強く感じた留学生活でした。
                  まだまだ私も勉強中ですが、常に向上心を持ち、成長していきたいと思います♪


                  おまけ:
                  今日は友達と、久しぶりにピアットに行ってきました。
                  パン、野菜のスープ、サラダと、
                  ホタテと緑野菜のクリームソース(トマトの生めん)
                  やはり、ここの生めんは風味があってモチモチしてて最高です!
                  Salatpasta
                  miwako * 思うこと * 21:35 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                  習字

                  0
                    最近の子供はたくさん習いごとや塾に行っていて、
                    忙しそうだし、すごいなと思います。

                    小さい時にしたかった習い事の一つに、習字がありました。
                    よく生徒さんが「今日は習字にいく日」とか言ったりするので、
                    いまだに、いいなぁ、習ってみたかったなぁと思うのです。

                    私は習いたかったのに習わせてもらえなかった・・
                    なぜって、家で某自分の家族に(強制的に)教わっていたからです・・
                    ピアノの練習は、小さい時ですら一度も付き合ってもらったことないのに。

                    日曜日になると「墨をすれ」と言われて、書かされました。
                    あんまりやる気がないのに、無理やりの時もあり、
                    もちろん遠慮なしに、ものすごい感情的に怒られて、私もぎゃーぎゃー言い返すし、
                    まれに平手打ちが飛んでくることもあって、はい、みごとに嫌になりました。
                    習字そのものは嫌いじゃなかったのに、
                    なんかよくない印象が残っているんですよね・・喧嘩した記憶くらいしかない。

                    字は、まあ少しは書けるようになりましたが、
                    これがよその先生に習っていたら、もっと好きになっていたかもと思ったりするのです。
                    家族に何かを「直接」教わるのは、本当に難しいことだと感じます。

                    子供は、外の先生に習いに行くから、
                    素直に言うことを聞いたりできるんですよね。

                    習字もたくさんの子供が習っていますが、
                    パソコンなどが普及している今の時代だからこそ、
                    自分の手で書く習字の良さが再認識されているのだろうと思います。
                    私も今から習ってみたいです。そして好きになりたいな鉛筆

                    miwako * 思うこと * 21:53 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                    復活!

                    0
                      体調を崩し、旅行にも行けず、花見にも行けず、
                      散々な春休みとなった私ですが・・、復活しました!!

                      ご心配とご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでしたm(__)m


                      今年になってから、やっぱり無理していたんですね。
                      めっちゃ色んなことがあったし、
                      特に3月は忙しすぎて、イライラしながら過ごしていて、休む間もなかったので
                      肉体的疲労と精神的疲労がどんどん蓄積されていったようです。

                      これからは仕事を頼まれても、安易に引き受けず、
                      体のことを一番に考えて、無理のない範囲でやっていきたいです。
                      演奏者は、舞台での本番がたくさんあると、緊張状態が続き、
                      肉体的よりも、精神的な面で大変になってきます。
                      それは切っても切り離されないものなので、いつも強くありたいと思っています。
                      とにかく私の場合、前もってしっかり準備をしていれば、
                      少しはストレスが軽減されると思うのですが、
                      いつも間際にならないと焦らないというのん気さも、いけないような・・
                      はい、今後はそれも気をつけます。

                      やっぱり元気で生活できるのが一番!
                      普段の生活ができるのがどんなに幸せなことか、よく分かりましたよつばのクローバー


                      miwako * 思うこと * 11:34 * comments(8) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ